車買取店の求人広告と必要な資格

車買取の業者でお勤めの方々は、何らかの資格を持っているケースが多々あります。査定士の資格などはその1つですね。ある団体が提供している査定士の資格を保有しているスタッフが在籍していますと、ホームページでアピールをされている事も多いのですが。

 

査定士の資格が無くても業者には応募は可能

 

ところで世間では、その車買取業界で働きたいと考えている方々も多数いらっしゃいます。私は最近その車買取の業界の求人を見てみたのですが、少々興味深い点に気が付きました。資格欄です。

 

求人広告には、もちろん必要資格が掲載されていますね。弊社で働く為にはこのような資格が必要ですと、広告で明示されている訳です。ではその広告には査定士の資格と記載されているかというと、実はそうでもないのです。むしろ査定士の資格に関して言及していない広告が目立ちますね。

 

最近私が見た20件前後の広告の中で、査定士に関する資格をアピールしているものは見当たらなかったのです。つまり査定士の資格を保有していなくても、実は車買取の業者で働くことは可能なのですね。
【F56】3代目MINI(BMW)買取相場

 

車買取業界では免許は必要

 

しかし普通免許となると話は別です。前述の20件前後の広告なのですが、その全てで普通免許が必要ですと掲載されていたからです。考えてみれば、それも当然ですね。さすがに普通免許を持っていないと、さすがに車買取店で働くのが難しいでしょう。出張査定などを行う事もあるので、どうしても車を運転する必要はありますね。

 

ですので車買取業界の従業員の方々は、査定士の免許は不要ですが、運転免許は必要という訳です。恐らく入社後に研修を実施して、正確な査定を行えるよう色々な訓練をしているのでしょう。

 

てっきりほとんどの車買取業者では査定士免許が必要だと思っていただけに、ちょっと意外な事実に気が付いた次第です。